エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

PC

OneDriveが同期しない

投稿日:2014年8月14日 更新日:

前回に引き続き、Pentium G3258 + Z97-Kの組み立てトラブルシリーズです。

タイトル通り、OneDriveが同期しないというか、OneDrive自体見えないというトラブルに見舞われました。

Pentium G3258 + Z97-KマシンにインストールしたOSはWindows 8.1 with Media Centerです。Windows 8.1ではOneDriveが一体化されており、格別クライアントソフトをインストールしなくても本来OneDriveを使えます。ところが!

cant_sync

上のキャプチャで見えているnashiというユーザーは、ローカルアカウントのように見えますが実はMicrosoftアカウントに紐付けてあります。従って本来ここには、そのMicrosoftアカウントのOneDriveが見えるはずです。そのOneDriveには、このブログ用の画面キャプチャなど多数のファイルを置いています。しかし表示は上記の通り空。つまりオンラインのOneDriveと同期していません。

またこのキャプチャだと分かりにくいのですが、本来はエクスプローラーの左ペインに、ホームグループなどと並んでOneDriveが表示されるはずですが、それもありません。

ただ原因は…、何となく想像がつきます。前回書いたメモリトラブルです。動作中に何度も何度もハングアップを繰り返したことで、内部的にどこかどこかおかしくなってしまったのではないかと。

onedrive_trouble_shooter0

Microsoftは、こんな場合のためのトラブルシューティングツール(http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/onedrive-troubleshooter)を配布しています。さっそく実行してみました。

onedrive_trouble_shooter1

onedrive_trouble_shooter2

onedrive_trouble_shooter3

onedrive_trouble_shooter4

onedrive_trouble_shooter5

しかし結果は、
「場所が使用できません – OneDriveは、利用不可である””フォルダーにアクセスする必要があります。」
という謎のメッセージ。

怪しげな日本語も辛うじてOneDriveのローカル保存フォルダがおかしな設定になっているらしいと読めますが、その設定をどこから変更できるのか等の解決法が全く分かりません。結局、トラブルシューティングツールではトラブルシューティングできず。

または、Windows 8.1でもコントロールパネルの「プログラムのアンインストールまたは変更」に、OneDriveのクライアントソフトが見えます。これを再インストールしてみたりしましたが、これでも解決せず。

sfc

dism

さらにWindowsのsfcコマンドやdismコマンドも試してみましたが、全く解決にならず。

試しに別のアカウントを作ったところ、そちらではOneDriveが正常に動作していました。結局、最終手段ですがその別アカウントをメインアカウントとすることで逃げました。

一台のPC上に同じマイクロソフトアカウントに紐付けられたアカウントを複数作ることはできないので、まわりくどい手順を踏みましたよ。

1) まずPC上にローカルアカウントを作る
2) PC上のMicrosoftアカウントを削除
3) 1)で作ったローカルアカウントをMicrosoftアカウントに紐付け

つづく

-PC

関連記事

さよならK6-Ⅲ

何か物悲しいタイトルですが、K6-Ⅲ搭載PCを廃棄しました。かつて色んなことに使っていたなあと思い出して、ちょっと感慨深くなってしまいました。色々遊んだなあと。 今ネットで調べてみると1998年頃のP …

Pentium G3258 + Z97-K (2)

前回の続きです。組み立ての様子をざっと。 メモリは余っていたDDR3-1600 2G x4枚を取り付け。Pentium G3258は本来DDR3-1333までの対応ですが、たぶん仕様上制限されているだ …

Athlon5350 + AM1H-ITX がイケてる (1)

5月の連休に新しいパソコンを1台組み立てました。 目的は、テレビ番組の視聴・録画用です。 元々Pentium G2020を使ったサブPCでテレビの視聴と録画をしていて、特に問題なく動いていました。しか …

Athlon5350 PC上のビルド時間

前回、Athlon5350 + AM1H-ITX上でHyper-VとVMware Playerの速度比較をしました。しかしどちらもビルド用途としてはイマイチな速度でした。 そうなると、仮想マシンがネイ …

WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されてますよね。2万円台だったり、中には2万円を切るものさえあって、円安どこ吹く風だよなあと感じます。 そんなWindowsタブレットに …