*

Pentium G3258のオーバークロックと消費電力

公開日: : PC

前回まで書いた通り、今回のPC組み立ては比較的トラブルが多かったのですが、最終的には安定した環境を作ることができました。

ここまで来てようやく、Pentium G3258 + Z97-K構成にした本来の目的、倍率ロックフリーで遊ぶことができるようになりました。と言っても限界を極めるようなOCではなく、あくまでライトに試す程度。

目標は、以前書いたPSO2をPentium G3258の内蔵GPUで遊べるようにすること、としました。というのも試しにまずOC無しでPSO2を動かしてみたのですが、意外に動いてイケてそうな手応えがありました。少なくともメインマシンであるCore i5-3550の内蔵GPUでPSO2を動かしたときより、ずっと動きが滑らかでストレスがありません。Ivy Bridge からHaswell Refreshの間で確実にGPUは強化されていたのですね。

結局、あれこれOC設定をいじったのですが、最終的にOC設定は以下で落ち着きました。

CPUboost

GPUboost

BCLK:102MHz
CPU倍率:42倍
DRAMクロック:1632MHz
GPUクロック:1632MHz

各所の電圧については、Auto設定のままです。

PSO2を遊ぶという目的に関しては、CPUのOC設定を変えても体感差はあまりありませんでした。GPUがネックであって、少なくともPSO2ではCPUの能力はあまり高くなくてもよい様子です。実際、PSO2実行中のCPUクロックも、Speed Stepテクノロジで2GHz程度までしか上がらないという場合がよくあります。それなら定格設定のままでもよいのですが、定格ではあまりに面白くないのでとりあえず42倍に。巷の記事を読むと45倍程度は普通に回るようなので、上限ではないと思いますが少しマージンを見ています。

また、できるだけメモリ帯域を拡げて内蔵GPUの処理能力を上げる目的で、BCLKも少しだけ上げています。もっと高速なOCメモリを使ったら効果的なのかな?と思いますが、手持ちに無いのでここまでです。

一方PSO2の設定は、描画設定2、1920×1080フルスクリーンです。これでまあ、一応は遊べるかな?というレベル。

少し動きがぎくしゃくしていて、クエストも大抵は大丈夫。しかしラグのせいで敵の攻撃をかわし損ねたり、たまに死んだりします。これならこちらのコンフィグレーションの方が遊びやすいかな?画面の解像度が下がりますが。

さてOCしたということで、個人的に気になる消費電力を測ってみました。

まずアイドル時。
pow_idle
約50ワットくらい。

続いて負荷時。
pow_load
シャッターチャンスを逃しましたが、ピークで80ワットくらい。

Athlon 5350 + AM1H-ITX構成の1台に比べると、意外に消費電力が大きいかなという印象です。ただしそもそも処理能力が違うので比較にならない。

処理能力が欲しい時はCore i5-3550のメイン機、消費電力を抑えてライトに使うときは Athlon 5350 + AM1H-ITX機。そしてこのPentium G3258 + Z97-Kの1台は、「OCして遊ぶ」のが目的。消費電力はともかく楽しければいいかなと思います。

関連記事

Pentium G3258 + Z97-K (2)

前回の続きです。組み立ての様子をざっと。 メモリは余っていたDDR3-1600 2G x4枚を

記事を読む

パソコンのナマの使用感を伝えるために

前回、前々回と、パソコンのナマの使用感をお伝えするために、ディスプレイ前にカメラを設置して、ディスプ

記事を読む

RADEON + Media Center + Hyper-Vの落とし穴

前回までで、Athlon5350 + AM1H-ITXマシンでもWindows Media Cent

記事を読む

OneDriveが同期しない

前回に引き続き、Pentium G3258 + Z97-Kの組み立てトラブルシリーズです。 タイト

記事を読む

TVを見ながらPSO2(Athlon5350)

最近PSO2もカジノばっかりやってます。「クラフト」っていうシステムで武器を作るのに有利なアイテムが

記事を読む

Athlon5350 PC上のビルド時間

前回、Athlon5350 + AM1H-ITX上でHyper-VとVMware Playerの速度

記事を読む

Z97-K のBIOSにハマる

前回の続きです。今回からトラブル話を3連発続けようと思います。何か今回のPC組み立てはトラブルが多か

記事を読む

TVを見ながらPSO2(Pentium G3258)

前回の続きです。 今回はZ97-K + Pentium G3258マシンで、テレビ見ながらPSO2

記事を読む

WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されてますよね。2万円台だったり、中

記事を読む

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された

Athlon5350 + AM1H-ITXで新たにパソコンを組み立てた件。 パソコン入れ替えに二の

記事を読む

WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されて

カーネルモジュールのビルド

前回、OOM Killerの発動を検知するテスト用のカーネルモジュール

OOM Killerの発動を検知したい

今回はプログラムの話。タイトル通り、LinuxのOOM Killerが

さよならK6-Ⅲ

何か物悲しいタイトルですが、K6-Ⅲ搭載PCを廃棄しました。かつて色ん

E: Internal Error, No file name for libssl1.0.0

Ubuntu 12.04機を(も)使っています。動かなくなると困る一台

→もっと見る

PAGE TOP ↑