エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

PC

Pentium G3258 + Z97-K (1)

投稿日:2014年8月3日 更新日:

5月にAthlon 5350 + AM1H-ITXで1台組んだばかりなのに、6月にPentium 20周年のAnniversary Edition、Pentium G3258が発表されて!
何という絶妙なタイミング…。昔Pentiumに憧れていた私が我慢できるはずもなく、またも買ってしまいました。

3258box

3258net

3258

別にAthlon 5350 + AM1H-ITXに飽きたわけでも何でもなく、むしろ「低消費電力なのにこんなに処理できる」っていうところをもっと堪能したかったので、Athlon 5350 + AM1H-ITXはそのまま残してPCの追加です。

さて、Pentium G3258のウリは何と言っても、倍率ロックフリー。そうなると、マザーボードはやっぱりOCのできるものを選びたいところ。真っ当にはZ97マザーということになるのですが、立て続けにPCパーツを買うことになるので、できるだけ出費は抑えたい。

H97やB95でもCPUの倍率を変更できるマザーがあるようだったのでそのあたりを中心に考えていたのですが、ふとAmazonを見ていたら、あるじゃないですか!Z97でも比較的安価なのが。ASUSのZ97マザーの中でも廉価版にあたるZ97-Kがお安くありました。

実はIvy Bridgeの時代に、もうZチップセットは買わないと思っていたのですがね。OCもしないくせにZ77マザーを買って、無駄に高性能だなとつくづく感じてたので。まさかOCできるCPUが安価に発売されるとは思わなかったなあ。

mb_box

mb_boxopen

mb_net

mb_oview

mb_panel

廉価版マザーとは言え、バックパネルはUSB 3.0が4個もあります。(さらにMB上にUSB 3.0のフロントパネル用コネクタもあります)。ただ4Kのディスプレイがぼちぼち出始めているタイミングでDisplay Portの無いところがちょっと惜しい。今は4Kのコンテンツが無いので要らないですが、今後はどうなるか分からないじゃないですか。

mb_pci

実はATX Form Factorのマザーを買うのは久々です。最近は Mini ITXが多かった。久々に拡張スロットが潤沢にあって新鮮でした。PCIe 3.0のx16が1スロット、2.0のx4が1スロット、x1が2スロット、PCIが2スロット。でも、少なくともうちではこんなに挿すカードがありません。皆さん何挿しているんですかね。特にPCI。

mb_sata

チップセットのヒートシンクがまん丸で目立ちます。SATAポートは、写真に写っていない分もあって、全部で6個あります。

mb_m2

そして、M.2。廉価版マザーなのにちゃんとあります。今はM.2のストレージを持っていませんが、いずれ使ってみたいと思います。M.2 SSDが安くなったら。

さてそんなマザーボードとCPUの組み合わせで、あとはすべて手元の余り物パーツを使って1台ちゃっちゃと組み立ててみました。

つづく

-PC

関連記事

Athlon5350 + AM1H-ITX がイケてる (4)

前回、PSO2で遊んでいることを書いたので少し情報を補足。 巷のレビュー記事を見ると、Athlon5350は「軽いタイトルなら何とか遊べる」程度のゲーム能力などと書かれていますよね。「ライトゲーマー向 …

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された

Athlon5350 + AM1H-ITXで新たにパソコンを組み立てた件。 パソコン入れ替えに二の足を踏んでいた最も大きな理由が、せっかく安定しているソフト環境を構築しなおさなければならない点でした。 …

WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されてますよね。2万円台だったり、中には2万円を切るものさえあって、円安どこ吹く風だよなあと感じます。 そんなWindowsタブレットに …

Pentium G3258 + Z97-K (2)

前回の続きです。組み立ての様子をざっと。 メモリは余っていたDDR3-1600 2G x4枚を取り付け。Pentium G3258は本来DDR3-1333までの対応ですが、たぶん仕様上制限されているだ …

さよならK6-Ⅲ

何か物悲しいタイトルですが、K6-Ⅲ搭載PCを廃棄しました。かつて色んなことに使っていたなあと思い出して、ちょっと感慨深くなってしまいました。色々遊んだなあと。 今ネットで調べてみると1998年頃のP …