エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

PC

Pentium G3258 + Z97-K (2)

投稿日:

前回の続きです。組み立ての様子をざっと。

ddr3_2g_x4

メモリは余っていたDDR3-1600 2G x4枚を取り付け。Pentium G3258は本来DDR3-1333までの対応ですが、たぶん仕様上制限されているだけで、メモリコントローラ自体は上位機種と同じ?なのではないかと。そんな推測のもとDDR3-1600にしてみました。

しかし今回メモリはハマったんですよね(いずれ書きます)。

cpu_socket

CPUを取り付けて、その上からCPUクーラーを取り付け。

cpu_cooler

CPUクーラーは、サイズのSAMURAI ZZ Revision B。たぶんSocket 1156の時代に使っていて、その後余りパーツ入りしていたものだと思うのですが、勘違いかな。リテンションがSocket 1155にも対応していたので使えました。Socket 1150ではSocket 1155のCPUクーラーがそのまま使えます。

CPUが痛むほどOCするつもりも無いので、まあこんな大型のCPUクーラーが必要かどうかは微妙なところですけどね。とは言えPentium G3258はOCで遊ぶためのCPUなので、それっぽく外見も遊んでみました。

top_view

これがメモリとCPUとCPUクーラーを載せたところのTop View。なかなか見た目カッコよくできた?ケースに入れて見えなくなるのが惜しい。

into_case

ケースはAntec Three Hundred AB。最近聞かないけど、数年前はよく雑誌で取り上げられてました。裏配線に対応していないので、ケーブルがごちゃごちゃとしています。

余談ですがこのケース、地元のお店で見かけたとき、品名に”AB”のつかないのと同じ値札だったんですよね。結局間違いだったみたいなのですが、店員さんがオマケしてくれてその値段で買えました。ありがとう!今回のPentium G3258もそのお店で買いました。

写真が無いですが、ストレージはSSD 120Gbytes + HDD 2TBです。いずれも余りパーツ入りしていた、SSDがIntel 330シリーズでHDDがWD Greenかな。

さて、これで組み立て完了!
火入れしてOSをインストールしました。

つづく

-PC

関連記事

Pentium G3258 + Z97-K (1)

5月にAthlon 5350 + AM1H-ITXで1台組んだばかりなのに、6月にPentium 20周年のAnniversary Edition、Pentium G3258が発表されて! 何という絶 …

バッテリーが…

以前、ASUS TransBook T100TAというタブレットPCを使っているという話を書きました。 そのT100TAのバッテリーが、昨日から今日にかけておかしいのです。 経緯としては以下の通りです …

Athlon5350 PC上のビルド時間

前回、Athlon5350 + AM1H-ITX上でHyper-VとVMware Playerの速度比較をしました。しかしどちらもビルド用途としてはイマイチな速度でした。 そうなると、仮想マシンがネイ …

パソコンのナマの使用感を伝えるために

前回、前々回と、パソコンのナマの使用感をお伝えするために、ディスプレイ前にカメラを設置して、ディスプレイをそのまま撮影するという手法を採りました。ディスプレイ表示そのまま撮影して、画面の反応速度とかフ …

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された(再)

タイトルを変えましたが、前回の続きです。 以前Athlon5350 + AM1H-ITXで組み立てたとき、Windows 8.1のライセンス認証手続きを「電話で」2回もやったという記事を書きました。 …