エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

PC

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された(再)

投稿日:

タイトルを変えましたが、前回の続きです。

以前Athlon5350 + AM1H-ITXで組み立てたとき、Windows 8.1のライセンス認証手続きを「電話で」2回もやったという記事を書きました。

今回Pentium G3258 + Z97-KでPCを組み立てて、以前このケースに入っていたPCのWindows 8.1 pro with Media Centerを流用したのですが、またもライセンス認証が「電話で」2回必要でした。
Athlon5350 + AM1H-ITXのときは私のミスで2回もやる羽目になったのかと思ったのですが、どうやら2回やるのが必然らしい。

1) Windows 8.1 proのライセンス認証
2) Media Centerのライセンス認証

前回2)の前に1)をやってしまったのが失敗と思っていたので、今回は1)の前に2)をやってみました。すると!

まず1)をやらないと2)はできない、というエラー表示が!

結局前回の手順が正しかったのでした。
またも神経のすり減る、電話のライセンス認証を2回もやらせていただきました。ふう。

ただ今回は、オペレータの方の対応に前回と異なる点が1点ありました。Media Centerのライセンス認証のときのこと。

OP:「Media Centerは、初回にインストールしたのと異なるPCにインストールすることはライセンス上できませんが、今回インストールされるのは前回と同じパソコンでしょうか。」

私:「えっ!そうなんですか。パソコンの中身を入れ替えてしまいました。」

OP:「中身を入れ替えたというのは、マザーボードを交換した等の、パーツを入れ替えたということでしょうか。」

私:「はい。パーツを入れ替えてしまいました。」

OP:「それなら全く問題ございません。パーツの入れ替えは同じパソコンとみなされます。」

前回と異なる質問が飛んできてビックリさせられましたが、「全く問題ございません」と太鼓判を押していただいた言い方が、なかなか爽やかで気持ちのよい対応でした

今回は流用パーツが多くて、先代マシンからマザボとCPUだけを入れ替えた形になっていたのですが、パーツの入れ替えってどこまでが同じPCとみなされるのでしょうね。例えばケースだけ流用した場合なんて、中身は全く別物ですが同じPCなのかな。

まあ何かやぶへびにでもなったらイヤだし、せっかく爽やかなオペレータさんに当たったので、ごちゃごちゃ訊くのはやめました。

つづく

-PC

関連記事

パソコンのナマの使用感を伝えるために

前回、前々回と、パソコンのナマの使用感をお伝えするために、ディスプレイ前にカメラを設置して、ディスプレイをそのまま撮影するという手法を採りました。ディスプレイ表示そのまま撮影して、画面の反応速度とかフ …

Pentium G3258 + Z97-K (2)

前回の続きです。組み立ての様子をざっと。 メモリは余っていたDDR3-1600 2G x4枚を取り付け。Pentium G3258は本来DDR3-1333までの対応ですが、たぶん仕様上制限されているだ …

Pentium G3258 + Z97-K (1)

5月にAthlon 5350 + AM1H-ITXで1台組んだばかりなのに、6月にPentium 20周年のAnniversary Edition、Pentium G3258が発表されて! 何という絶 …

Z97-K のBIOSにハマる

前回の続きです。今回からトラブル話を3連発続けようと思います。何か今回のPC組み立てはトラブルが多かった…。 順番が前後しますが、まだOSをインストールする前、パーツを組み上げた段階で「はっ!」と気づ …

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された

Athlon5350 + AM1H-ITXで新たにパソコンを組み立てた件。 パソコン入れ替えに二の足を踏んでいた最も大きな理由が、せっかく安定しているソフト環境を構築しなおさなければならない点でした。 …