エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

Ubuntu Windows

Hyper-VでUbuntu 14.04を試す(2)

投稿日:2014年4月29日 更新日:

前回の続きです。
作成した仮想マシンにUbuntu 14.04のサーバー版をインストールするところまで。スクリーンショットでどうぞ。

11language

12warning_lang

13locale

14keyboard

なぜかこのときキーボードの自動検出に失敗したんですよね…。

15failed_autokb

しようがないので、手動で設定しました。何も難しいことはないので、最初から自動選択させなきゃよかった。

16reselectkb

17reselectkb2

18hostname

19username

20user

21pass

22pass2

23encrypt

24timezone

パーティショニングは既定値だとLVMを使う設定になってます。LVMは論理ボリュームを扱えるようにする機能で、例えば複数の物理ディスクを1台の論理ディスクに見せるようなことができます。

しかし以前ある仮想マシンがクラッシュして起動できなくなったときに、別の仮想マシンにその仮想ディスクをマウントして大切なデータを吸い出したことがありました。

LVMを組んでしまうとこれがそんな簡単にはできない。そのときの経験から、ついついLVMは避けるようになってしまいました。

25partitioning

26partitioning2

27partitioning3

29proxy

30settingupdate

サーバー版Ubuntuでは、ここで同時に例えばApacheやSambaなど各種パッケージをインストールできるようになっています。もちろんことでインストールしなくても後からtaskselというパッケージを使って同じようにインストールすることもできます。

ここではOpenSSH Serverだけインストールしておきました。

31tasksel

32installing

33rebooting

はい。これでインストール完了。
インストーラがよくできてますね。

再起動してあっさりログインプロンプトが表示されました。

34loginprompt

ログインしたところ。

35logined

つづく

-Ubuntu, Windows

関連記事

Windows 8.1上でHyper-Vを試す ~ネットワークがつながらない~

前回、Hyper-V上の仮想マシンにUbuntuをインストールしたところまで書きました。 インストールが完了して、さっそく仮想マシンにSSHからログインしてあれこれ設定しようとしました。しかし、 SS …

OOM Killerの発動を検知したい

今回はプログラムの話。タイトル通り、LinuxのOOM Killerが発動したことを検知したいという話です。組み込みでLinuxを使っていると、OOM Killerが動き出すこと自体異常事態なので、検 …

Windows 8.1上でHyper-Vを試す ~Ubuntuの仮想マシンを作る(1)~

Linuxのカーネルソースをあれこれいじるにあたって、実験用のLinux環境が欲しくなり、新たにUbuntuの仮想マシンを作ることにしました。 で仮想化ソフトに何使うか考えたのですが、自宅ではWind …

Ubuntu 14.04 64bitで32bitアプリを使う

新たにVMを作ってUbuntu 12.04から14.04に乗り換えたわけですが、セットアップしていて最初に困ったのは、12.04で使っていた32bitアプリを14.04上で動かそうとしたとき。 Ubu …

Hyper-V 対 VMware Player対決

先日、バーチャルマシン上でプログラムをビルドすると時間がかかってしようがない。ビルドするならやっぱネイティブマシンだよね、と話している人がいました。 その人が使っているのはホスト型の仮想化だったのです …