エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

Ubuntu Windows

Hyper-VでUbuntu 14.04を試す(2)

投稿日:2014年4月29日 更新日:

前回の続きです。
作成した仮想マシンにUbuntu 14.04のサーバー版をインストールするところまで。スクリーンショットでどうぞ。

11language

12warning_lang

13locale

14keyboard

なぜかこのときキーボードの自動検出に失敗したんですよね…。

15failed_autokb

しようがないので、手動で設定しました。何も難しいことはないので、最初から自動選択させなきゃよかった。

16reselectkb

17reselectkb2

18hostname

19username

20user

21pass

22pass2

23encrypt

24timezone

パーティショニングは既定値だとLVMを使う設定になってます。LVMは論理ボリュームを扱えるようにする機能で、例えば複数の物理ディスクを1台の論理ディスクに見せるようなことができます。

しかし以前ある仮想マシンがクラッシュして起動できなくなったときに、別の仮想マシンにその仮想ディスクをマウントして大切なデータを吸い出したことがありました。

LVMを組んでしまうとこれがそんな簡単にはできない。そのときの経験から、ついついLVMは避けるようになってしまいました。

25partitioning

26partitioning2

27partitioning3

29proxy

30settingupdate

サーバー版Ubuntuでは、ここで同時に例えばApacheやSambaなど各種パッケージをインストールできるようになっています。もちろんことでインストールしなくても後からtaskselというパッケージを使って同じようにインストールすることもできます。

ここではOpenSSH Serverだけインストールしておきました。

31tasksel

32installing

33rebooting

はい。これでインストール完了。
インストーラがよくできてますね。

再起動してあっさりログインプロンプトが表示されました。

34loginprompt

ログインしたところ。

35logined

つづく

-Ubuntu, Windows

関連記事

Hyper-VでUbuntu 14.04を試す(3)

前回、仮想マシンにUbuntu 14.04をインストールしました。 続いて環境整備。 まずはIPアドレスをDHCPから固定アドレスに変更。うちの宅内LANではSSHしたりリモートデスクトップしたりする …

Hyper-VでUbuntu 14.04を試す(1)

ついにリリースされました、Ubuntu 14.04。 実験用にインストールした13.10はともかく、実用に使っていた12.04マシンの調子が最近悪くて。インストールし直したかったけど、あと少しで14. …

Windowsバッチファイルの処理を一時停止させる sleep コマンド

先日Windowsのバッチファイルを使っていて、不便だなと感じたことがありました。 ある実験をしていて、Windows PCから自動的に繰り返し繰り返し操作を加えていたのですが、ある操作と操作の間にポ …

Hyper-V 上の Ubuntu で非レガシーなネットワークアダプターを使えた

以前 Hyper-V上にUbuntuの仮想マシンを作りましたが、ネットワークアダプターにはレガシーネットワークアダプターを選択しました。Ubuntuがレガシーでない方のドライバーを持っているのか確証が …

Hyper-Vの動的メモリは本当に動的だった!?

前回、無用なトラブルを避けるつもりで無難な選択をした結果、却ってロクでもない目に遭ったようだという話を書きました。 Hyper-V + Ubuntuなんてメジャーな組み合わせでは、そんなこと気にせずと …