エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

Windows

Cygwin上でiperfをビルド

投稿日:2014年4月13日 更新日:

ネットワークの疎通確認に便利なツールiperf。
先日Windows上で使おうと思ったら、見つからなくて困ったことがありました。

iperfのWindows版バイナリも配布されているらしいですが、私はCygwin派。従来Cygwinのインストーラから入れたiperfを使っていたはずでした。

それがたぶん以前Cygwinに64ビット版があることに気づいてCygwinを入れ替えたタイミングから入れ忘れたままになっていて、いざインストールしようと思ったら、インストーラのメニューに出てこない…。

記憶違いだと悲しいのですが、以前はCygwinのインストーラからインストールできたはずです、確か。なぜ無くなった!?

仕方がないのでCygwin上でソースからビルドしたという話です。

まずビルド環境ですが、先日はいつも使っているCygwin64環境でビルドしました。しかしそれだとCygwin環境としてどのパッケージが必要なのかよく分からないので、改めて別環境にCygwin64を入れ直して試しました。

改めて別環境にインストールしたCygwin64のパッケージは以下の通り。

Archive
    bzip2
    unzip
    zip
Devel
    autoconf2.5
    automake1.9
    binutils
    bison
    gcc-core
    gcc-g++
    git
    make
    subversion
Editors
    vim
Net
    openssh
    wget
X11
    xhost
    xinit
    xorg-server

 

最終的にこの構成で難なくビルドできましたので、これだけあれば十分ということと思います。

ビルドの手順は以下の通りです。

1)ソースを取得

http://sourceforge.net/projects/iperf/

からソースをダウンロードします。

2)ビルド

ソースのアーカイブを解いてビルドです。

$ tar zxf iperf-2.0.5.tar.gz
$ cd iperf-2.0.5
$ ./configure --build=i686-pc-cygwin
$ make
$ make install

 

難なくさくっと完了。

試しにヘルプを表示させて見たところ。

$ iperf -h
Usage: iperf [-s|-c host] [options]
       iperf [-h|--help] [-v|--version]

  :

こうしてビルドしたiperfもちゃんと使えましたよ。

-Windows

関連記事

Hyper-VでUbuntu 14.04を試す(3)

前回、仮想マシンにUbuntu 14.04をインストールしました。 続いて環境整備。 まずはIPアドレスをDHCPから固定アドレスに変更。うちの宅内LANではSSHしたりリモートデスクトップしたりする …

Hyper-Vの動的メモリは本当に動的だった!?

前回、無用なトラブルを避けるつもりで無難な選択をした結果、却ってロクでもない目に遭ったようだという話を書きました。 Hyper-V + Ubuntuなんてメジャーな組み合わせでは、そんなこと気にせずと …

Hyper-VでUbuntu 14.04を試す(1)

ついにリリースされました、Ubuntu 14.04。 実験用にインストールした13.10はともかく、実用に使っていた12.04マシンの調子が最近悪くて。インストールし直したかったけど、あと少しで14. …

Hyper-VでUbuntu 14.04を試す(2)

前回の続きです。 作成した仮想マシンにUbuntu 14.04のサーバー版をインストールするところまで。スクリーンショットでどうぞ。 なぜかこのときキーボードの自動検出に失敗したんですよね…。 しよう …

Windows 8.1上でHyper-Vを試す ~Ubuntuの仮想マシンを作る(1)~

Linuxのカーネルソースをあれこれいじるにあたって、実験用のLinux環境が欲しくなり、新たにUbuntuの仮想マシンを作ることにしました。 で仮想化ソフトに何使うか考えたのですが、自宅ではWind …