エンジョイAsobi

スマホとWindowsとLinuxを遊ぶ。

Ubuntu Windows

Windows 8.1上でHyper-Vを試す ~Ubuntuの仮想マシンを作る(2)~

投稿日:2014年2月17日 更新日:

前回、空の仮想マシンを作るところまで書きました。
(なんか長かった…)。

続いてUbuntuを仮想マシンにインストールします。

21connect_to_install
Ubuntuのインストールを開始するには、まずHyper-Vマネージャーの「接続」ボタンを押して仮想マシン接続のウィンドを開いてから、「起動」ボタンを押します。

22installer
前回書いた通り、インストールしたのはUbuntu13.10のサーバー版です。インストール画面はこんな感じ。あとはまあ実マシンにインストールするのと同じ要領で粛々とインストールを進めます。

23ena_openSSH
サーバー版だけあって、途中で各種サーバーソフトを選択してインストールすることができます。私はOpenSSH serverだけ選択しておきました。

24os_installed
で最終的にインストール完了!
再起動して、Hyper-V上の仮想マシンでUbuntuを動かすことができました。

後はネットワーク設定をして、.bashrcやら.inputrcやら作業環境の設定をして、一丁上がり!

となるはずだったのですが…。

つづく

-Ubuntu, Windows

関連記事

Hyper-V 対 VMware Player対決

先日、バーチャルマシン上でプログラムをビルドすると時間がかかってしようがない。ビルドするならやっぱネイティブマシンだよね、と話している人がいました。 その人が使っているのはホスト型の仮想化だったのです …

カーネルモジュールのビルド

前回、OOM Killerの発動を検知するテスト用のカーネルモジュールをビルドしたと書きました。前回は長くなるのを避けてビルド手順を端折ったので、改めて記録しておきます。ここを見ながらビルドしました。 …

Cygwin上でiperfをビルド

ネットワークの疎通確認に便利なツールiperf。 先日Windows上で使おうと思ったら、見つからなくて困ったことがありました。 iperfのWindows版バイナリも配布されているらしいですが、私は …

metaWeblog.newMediaObject メソッドへの応答が無効です

ブログの執筆にWindows Live Writerを使っています。 この記事を投稿しようとしたら、 「ブログサーバーから受信した metaWeblog.newMediaObject メソッドへの応答 …

Hyper-Vの動的メモリは本当に動的だった!?

前回、無用なトラブルを避けるつもりで無難な選択をした結果、却ってロクでもない目に遭ったようだという話を書きました。 Hyper-V + Ubuntuなんてメジャーな組み合わせでは、そんなこと気にせずと …