*

WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

公開日: : PC

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されてますよね。2万円台だったり、中には2万円を切るものさえあって、円安どこ吹く風だよなあと感じます。

そんなWindowsタブレットにとても興味を引かれるのですが、スペックを見ていてネックに思うのは、メインストレージが軒並み32GB以下なこと。16GBなんてのさえあったり。私も以前書いた通り、Windowsタブレットを使っています。このT100TAを買った時こだわったのがメインストレージが64GBな点なので、32GB以下では心もとなく思ってしまいます。

実際いまT100TAのCドライブの使用量を確認してみると26.6GB。

prev_cdrive

64GBあってもCドライブとして使えてるのは49.1GBなので、もしメインストレージが32GBだったら、おそらく足りていないだろうなと。しかもこれ、ドキュメントファイルなどユーザーファイルの類をできるだけCドライブには置かないようにしていてこの使用量です。ユーザーファイル類はたいていOnedriveかSDHCカードに置いています。

まあ64GBあるから不要不急のアプリまでインストールして使用量が増えているのはありますが。

そんなわけで、メインストレージの少ないWindowsタブレットでも、ストレージに不自由することなく使う方法が無いか試行錯誤してみました。その記録です。

具体的には、Program FilesディレクトリをSDHCカードへ逃す方法を試行錯誤しました。見たらProgram Filesディレクトリだけで4.72GBも使っていたので。これSDHCカードへ逃がせたら大きいよねと。

prev_program_files

そんなのアプリを一旦アンインストールしてSDHCであるDドライブへインストールし直せばいいじゃん、て思われるかもしれないですが、それがそうもいかないのです。リムーバルドライブにはインストールさせてくれないアプリが多いのです。

ではどうするかですが、UNIX系OSではおなじみ、シンボリックリンクを使います。つまりディレクトリのエントリポイントだけCドライブに残して、実体はSDHCに移動させます。

その戦略で行こうと考えて、まずProgram Filesディレクトリを丸ごとSDHCであるDドライブへコピー。

copy_program_files

続いてコピー元のCドライブのProgram Filesディレクトリを削除、はいきなりは怖いので、まずリネーム。と思ったら、

C:\>ren "Program Files" "Program Files-org"
  
アクセスが拒否されました。

 

Program Filesディレクトリは特殊なパーミッションになっていて、リネームできないのね…。知りませんでしたよ。

仕方がないので、Program Filesディレクトリを丸ごと移動させるのを諦めて、Program Filesディレクトリの下のディレクトリを個別に移動させる方針に変更。手始めにVLC Media PlayerをインストールしたVideoLANディレクトリを移動させました。

C:\>cd "Program Files"

C:\Program Files>ren VideoLAN VideoLAN-org

C:\Program Files>mklink /j VideoLAN "d:\Program Files\VideoLAN"
  
VideoLAN <<===>> d:\Program Files\VideoLAN のジャンクションが作成されました

C:\Program Files>rmdir /s /q VideoLAN-org

これには成功。「管理者として実行」したコマンドプロンプト上で操作しています。ああ、これまでシンボリックリンクを使うと言いながら、ここではジャンクションを使ってみました。シンボリックリンクでも可能です。シンボリックリンクとどう使い分けるのかはよく分かっていません。私の中では「同じようなもの」扱い。

エクスプローラー上の表示はショートカット風の表示になりました。

junctioned_VideoLAN

VLC Media Playerを起動させてみると、T100TAのSDカードドライブがあまり速くないのもあってか、多少Windowが開くまでの時間がかかるようになりました。しかし問題なく使えます。

Program Filesディレクトリのサイズも減っていて、VLC Media PlayerをSDHCへ逃せたことが分かります。

post_program_files

あとはこれを繰り返せばメインストレージをもっと空けられますよね。というか、Program Filesだけでなく同様の方法でWindowsディレクトリ以外は全部SDHCへ逃がせるのでは?ああ、システムファイルや特殊なパーミッションのついたファイルは無理か。でもかなりのファイルやディレクトリを移動できるはず。

T100TAがメインストレージ64GBで余裕があると感じるので、メインストレージ32GB+SDHC 32GBでも同様の余裕感を持って使えると思います。32GBのSDHCカードはいま2,000円くらい?

これでいつ低価格Windowsタブレットを買っても安心!になりました。って、T100TAがあるのに新しいWindowsタブレットは買えないのですけれど。

関連記事

cap_athlon5350

TVを見ながらPSO2(Athlon5350)

最近PSO2もカジノばっかりやってます。「クラフト」っていうシステムで武器を作るのに有利なアイテムが

記事を読む

1front_thumb.jpg

限定版が復活してた。ASUS TransBook T100TA

今回は私が愛用している10.1インチWindowsタブレットの使用感です。 いわゆる”2

記事を読む

edition_thumb.png

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された

Athlon5350 + AM1H-ITXで新たにパソコンを組み立てた件。 パソコン入れ替えに二の

記事を読む

am1h-box_thumb.jpg

Athlon5350 + AM1H-ITX がイケてる (1)

5月の連休に新しいパソコンを1台組み立てました。 目的は、テレビ番組の視聴・録画用です。 元

記事を読む

3-board_thumb.jpg

パソコンのナマの使用感を伝えるために

前回、前々回と、パソコンのナマの使用感をお伝えするために、ディスプレイ前にカメラを設置して、ディスプ

記事を読む

cpuz_thumb.png

Athlon5350 PC上のビルド時間

前回、Athlon5350 + AM1H-ITX上でHyper-VとVMware Playerの速度

記事を読む

onedrive_trouble_shooter3_thumb.png

OneDriveが同期しない

前回に引き続き、Pentium G3258 + Z97-Kの組み立てトラブルシリーズです。 タイト

記事を読む

cap_pentiumg3258

TVを見ながらPSO2(Pentium G3258)

前回の続きです。 今回はZ97-K + Pentium G3258マシンで、テレビ見ながらPSO2

記事を読む

watt-idle_thumb.jpg

Athlon5350 + AM1H-ITX がイケてる (3)

前回の続きです。 電源のACアダプタはショップでセット売りされていたものを買った、と(1)で書きま

記事を読む

3258box_thumb.jpg

Pentium G3258 + Z97-K (1)

5月にAthlon 5350 + AM1H-ITXで1台組んだばかりなのに、6月にPentium 2

記事を読む

junctioned_VideoLAN_thumb.png
WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されて

raised1
カーネルモジュールのビルド

前回、OOM Killerの発動を検知するテスト用のカーネルモジュール

raised1
OOM Killerの発動を検知したい

今回はプログラムの話。タイトル通り、LinuxのOOM Killerが

1cpu_thumb.jpg
さよならK6-Ⅲ

何か物悲しいタイトルですが、K6-Ⅲ搭載PCを廃棄しました。かつて色ん

25eth0_trouble_thumb.png
E: Internal Error, No file name for libssl1.0.0

Ubuntu 12.04機を(も)使っています。動かなくなると困る一台

→もっと見る

PAGE TOP ↑