*

Z97-K のBIOSにハマる

公開日: : PC

前回の続きです。今回からトラブル話を3連発続けようと思います。何か今回のPC組み立てはトラブルが多かった…。

順番が前後しますが、まだOSをインストールする前、パーツを組み上げた段階で「はっ!」と気づきました。Pentium G3258は比較的最近発売されたCPU。果たしてBIOSは対応しているんだろうか?と。

まさかBIOSをリビジョンアップしないと起動しないのでは?BIOSが対応しているHaswell Refreshを買わないといけない!?

とりあえず電源入れてみるかと、ドキドキしながら火入れしてみたら、…起動しました。ああよかった、対応していたとホッとしたのですが!

OSをインストールしてから、さっそくOver Clockさせて遊ぼうと、まずは軽く倍率をx40倍(4GHz)に設定。
ところが、なぜか定格のx32倍でしか動作してくれないのです。あれこれBIOS設定をいじるも全くOCできず。

このときのBIOSバージョンは「0327」。作成日が2014/05/19になっていました。

ezupdate-initial2

あれ?作成日がPentium G3258の発表前?やっぱり古いのかなと思ったけれど、Z97-Kの付属ユーティリティEZ Updateで見ると「最新の状態です」と。

ezupdate-initial

OCできない、できないとひとしきり悩んで、どうしても直らないので、ヒントを探しにASUSのページを見たら。

asus_z97-k_20140721

…あるじゃない!新しいのが。

Pentium G3258に対応したのは、今の「0327」より後の「0330」から…。さらに最新は、なぜか番号が大きくジャンプして「2104」!?

よく確認しなかった私がいけないのですが、BIOSは知らないCPUでも一応の起動はしてくれるのね。そこは素晴らしい!けれど、EZ Updateで最新のBIOSを表示して欲しかったな

BIOSをダウンロードしてUpdateしたら、きちんとOCできるようになりました。

つづく

関連記事

3258box_thumb.jpg

Pentium G3258 + Z97-K (1)

5月にAthlon 5350 + AM1H-ITXで1台組んだばかりなのに、6月にPentium 2

記事を読む

cap_pentiumg3258

TVを見ながらPSO2(Pentium G3258)

前回の続きです。 今回はZ97-K + Pentium G3258マシンで、テレビ見ながらPSO2

記事を読む

media_center_err_thumb.jpg

RADEON + Media Center + Hyper-Vの落とし穴

前回までで、Athlon5350 + AM1H-ITXマシンでもWindows Media Cent

記事を読む

top_view_thumb.jpg

Pentium G3258 + Z97-K (2)

前回の続きです。組み立ての様子をざっと。 メモリは余っていたDDR3-1600 2G x4枚を

記事を読む

battery-t100ta_thumb.png

バッテリーが…

以前、ASUS TransBook T100TAというタブレットPCを使っているという話を書きました

記事を読む

cpuz_thumb.png

Athlon5350 PC上のビルド時間

前回、Athlon5350 + AM1H-ITX上でHyper-VとVMware Playerの速度

記事を読む

1cpu_thumb.jpg

さよならK6-Ⅲ

何か物悲しいタイトルですが、K6-Ⅲ搭載PCを廃棄しました。かつて色んなことに使っていたなあと思い出

記事を読む

hungup_thumb.jpg

画面がメチャメチャ

Pentium G3258 + Z97-Kの組み立てトラブルシリーズ、3連発の2発目です。前回BIO

記事を読む

watt-idle_thumb.jpg

Athlon5350 + AM1H-ITX がイケてる (3)

前回の続きです。 電源のACアダプタはショップでセット売りされていたものを買った、と(1)で書きま

記事を読む

3258_thumb.jpg

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された(再)

タイトルを変えましたが、前回の続きです。 以前Athlon5350 + AM1H-ITXで組み立て

記事を読む

junctioned_VideoLAN_thumb.png
WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されて

raised1
カーネルモジュールのビルド

前回、OOM Killerの発動を検知するテスト用のカーネルモジュール

raised1
OOM Killerの発動を検知したい

今回はプログラムの話。タイトル通り、LinuxのOOM Killerが

1cpu_thumb.jpg
さよならK6-Ⅲ

何か物悲しいタイトルですが、K6-Ⅲ搭載PCを廃棄しました。かつて色ん

25eth0_trouble_thumb.png
E: Internal Error, No file name for libssl1.0.0

Ubuntu 12.04機を(も)使っています。動かなくなると困る一台

→もっと見る

PAGE TOP ↑