*

限定版が復活してた。ASUS TransBook T100TA

公開日: : PC, Windows

1front

今回は私が愛用している10.1インチWindowsタブレットの使用感です。
いわゆる”2 in 1”で、キーボードを脱着することによりノートPCとしてもタブレットPCとしても使えてとても重宝してます。

私が購入したのはAmazon限定版のT100TA(型番としては H100TA-DK004HS)です。Amazon限定版は標準のT100TAよりお得なセットになっていて、そのお得ポイントがあまりに私のニーズにぴったりハマったので、当時思わず飛びついてしまったのでした。

長らく品切れ状態が続いていたのですが、今日たまたま復活していることに気づきましたのでご紹介。

わたくし的にこれを選んだポイントは2点。

  1. ストレージがeMMC 64GB + HDD無し
  2. Microsoft Office Home and Business 2013 がプレインストール

Windowsタブレットに何を求めるかによると思いますが、私の場合、

  • モバイルノートとして、外出先で書き物をしたい
  • ベッドに寝っ転がって開発ツールを使いたい

こんなニーズがありました。

外出先へ持ち運んだりベッドで使う以上、ちょっとでも重量を軽くしたい。ということでHDD内蔵モデルは避けたかったのですが、T100TAの標準ラインナップでは、HDD無しだとeMMC 32GBモデルしか無いのです。ストレージ32GBでは耐えられない。eMMC 64GB + HDD無し構成の限定モデルは魅力的でした。

また日常的にExcelとOneNoteを使っている私にとってOfficeつきも高ポイント。8インチクラスのWIndowsタブレットでは標準的にインストールされていますが、9インチ以上ではOfficeつきが急に高価になります。この価格で買えるのはこの限定版だけでした。パワポまでついています。

で、かれこれ数ヶ月使っているわけですが、基本的に買ってよかったなと。外出したとき、ちょっとした合間にちょこちょこと書き物のできるのがよい。バッテリーはそんな使い方なら余裕で一日もちます。特にここ一ヶ月くらい忙しくて、お彼岸で帰省したのに仕事を持ち帰ったりしていたので助かりました。
あと布団の中でぬくぬく温まりながらプログラム書いていたりとか(行儀が悪い)。

ただ開発に使っているとちょっと不満もありますね。

  • VMを動作させるだけのメモリが無い
  • プログラムを書くときあれこれウィンドウを開くので、1366×768ドットだと少し狭い

Windowsタブレットをそんな用途に使うなよ、という話ではあるのですが。
処理速度的には全然いけてるので、欲が出ちゃうのですよね。

  • 1package
  • 開けたところ2open
  • 着脱可能なキーボード3keyboard
  • 限定版には持ち運び用のスリーブが付属します4cover
  • スリーブに収納したところ5coverin
  • スリーブはスタンドにもなります6standform
  • スタンドとして使っているところ7standinuse

関連記事

Athlon5350 + AM1H-ITX がイケてる (1)

5月の連休に新しいパソコンを1台組み立てました。 目的は、テレビ番組の視聴・録画用です。 元

記事を読む

Athlon5350 + AM1H-ITX がイケてる (4)

前回、PSO2で遊んでいることを書いたので少し情報を補足。 巷のレビュー記事を見ると、Athlon

記事を読む

Hyper-Vの動的メモリは本当に動的だった!?

前回、無用なトラブルを避けるつもりで無難な選択をした結果、却ってロクでもない目に遭ったようだという話

記事を読む

metaWeblog.newMediaObject メソッドへの応答が無効です

ブログの執筆にWindows Live Writerを使っています。 この記事を投稿しよ

記事を読む

Windowsバッチファイルの処理を一時停止させる sleep コマンド

先日Windowsのバッチファイルを使っていて、不便だなと感じたことがありました。 ある実験をして

記事を読む

Z97-K のBIOSにハマる

前回の続きです。今回からトラブル話を3連発続けようと思います。何か今回のPC組み立てはトラブルが多か

記事を読む

内蔵GPUでPSO2対決

前回書いた通り、HDMIキャプチャカードを買ったことで、ゲームのプレイ動画を比較的簡単に撮れるように

記事を読む

WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されてますよね。2万円台だったり、中

記事を読む

Hyper-V 上の Ubuntu で非レガシーなネットワークアダプターを使えた

以前 Hyper-V上にUbuntuの仮想マシンを作りましたが、ネットワークアダプターにはレガシ

記事を読む

Windows8.1のライセンス認証手続きを2回も要求された(再)

タイトルを変えましたが、前回の続きです。 以前Athlon5350 + AM1H-ITXで組み立て

記事を読む

WindowsタブレットのProgram FilesをSDHCへ逃す

ここ数ヶ月、比較的低価格なWindowsタブレットが相次いで発売されて

カーネルモジュールのビルド

前回、OOM Killerの発動を検知するテスト用のカーネルモジュール

OOM Killerの発動を検知したい

今回はプログラムの話。タイトル通り、LinuxのOOM Killerが

さよならK6-Ⅲ

何か物悲しいタイトルですが、K6-Ⅲ搭載PCを廃棄しました。かつて色ん

E: Internal Error, No file name for libssl1.0.0

Ubuntu 12.04機を(も)使っています。動かなくなると困る一台

→もっと見る

PAGE TOP ↑